本文へジャンプ
クラブの活動報告
2016-2017年度
■親睦活動委員会「会長・副会長・幹事杯ゴルフコンペのご報告」(2017/6/8)
親睦活動委員会「四輪会」(2017/4/13)
■親睦活動委員会「親睦旅行(南紀白浜)のご報告」(2017/3/24〜25)
■国際奉仕委員会「フィリピン訪問報告」(2017/2/3〜5)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」(2016/12/16)




親睦活動委員会 
      「会長・副会長・幹事杯ゴルフコンペのご報告」

先日、6/8(木) 春日台カントリークラブにて、
『八尾東RC 会長・副会長・幹事杯ゴルフコンペ』を
開催いたしました。

総勢11名集まり、天候は前半に若干降雨に見舞われましたが、
無事に終了することができました。
大松会員が優勝という素晴らしい結果となりました。

その他ご参加頂きました会員の皆様も好成績で、次回からも
多数のご参加頂けることを希望いたします。

八尾東RC会員皆様のご協力、会場をご提供頂きました
奥田会員に御礼申し上げます。

親睦活動委員長代理 堀内 伸也




親睦活動委員会 「第91回四輪会ゴルフコンペのご報告」

先日、4/13(木)奈良県の飛鳥カンツリーで、ホストクラブとして
『第91回四輪会ゴルフコンペ』を開催いたしました。

4クラブより総勢23名集まり、最高な天候と桜の素晴らしい
景色を眺めながら無事に終了することができました。

我がクラブは、例年下位に甘んじてきましたが見事、高岡会員が
優勝という素晴らしい結果となりました。
その他ご参加頂きました会員の皆様も好成績で、次回からの
他クラブへのプレッシャーをかけられたかと思います。
八尾東RC会員皆様のご協力、会場をご提供頂きました
池本会員に御礼申し上げます。

親睦活動委員長代理 堀内 伸也











親睦活動委員会 「親睦旅行(南紀白浜)のご報告」

平成29年3月24日、例会終了後1泊2日で南紀白浜へ親睦旅行を
行いました。
17時定刻に白良浜グランドホテルに到着、18時30分より宴会を
行いました。
カラオケでは全員が楽しまれた事と思います。

翌日3月25日には2時間の自由行動ではございましたが、皆様
童心に返られアドベンチャーワールドで楽しまれた後、
とれとれ市場で買い物、その後丸長で昼食を頂きました。

14時にはJA紀州様の野菜・花き配送センター(がいなポート)を
職場訪問見学させていただきました。
花がどのようにして農家から生花店に流れて行き私たちが
購買しているか勉強になった事と思います。

帰りにはJA紀州様の御好意でお花のお土産を頂きました。
日頃、花など買って帰ったことなど無い(?)のに家族の方が
さぞかしビックリされたと思います。(^。^)

定刻よりやや遅れての八尾への帰阪でしたが無事1泊2日の
旅行が終えることが出来ホッとしました。

至らない幹事でご参加いただいた会員様にはご迷惑をお掛け
したこともあると思いますが、お許しくださいますよう
お願い申し上げます。

親睦活動委員長 長尾 穣治










国際奉仕委員会 「フィリピン訪問報告」

本日は、国際奉仕事業で、2/4に開催されましたダウンタウンマニラとの共同事業である「Rac Journ 2017」に参加させていただきました
報告をいたします。

鈴木奉仕委員長と山田副会長と私の3人で2/3にマニラ入り、4日の式典に終日参加、5日に帰国という日程で訪問しました。

この「Rac Journ 2017」というプロジェクトは、マニラ近郊首都圏の
約1200の学校(高校)を対象に行う「ジャーナリズム執筆コンペ」で、
「現代ジャーナリズムにおける知的財産権の保護」または
「知的財産権と現代マスメディアコミュニケーション」というテーマで、それを4人の教授が評価し、優秀作品は、表彰するというものです。

執筆内容としては、ニュース記事・特集記事・社説・スポーツ記事に
ついて各英語と各フィリピン語、社説時事風刺漫画の9分野での
執筆コンペでした。

会場は、マニラ市内の大学の立派なホールで、当日は、そのうち
表彰対象となりうる優秀な500〜600人の学生が参加し、大きな
盛り上がりをみせていました。

主催は、ローターアクトと大学生(サークルなのか学部なのか定かではありませんが・・・)で、ダウンタウンマニラRCがそれをバックアップしているという感じでした。
大きなプロジェクトに感じるものの司会進行も含め主体が学生という
見え方になっており、ロータリークラブの関わり方としては、理想的な感じに思いました。

式典の途中に基調講演があり熟睡モードやゲームをしている学生も見受けられましたが、講演の後、くじ引きなどのゲーム性のある催しを数回はさんで、非常に盛り上がる場面も随所に見られました。

最後の審査発表と表彰の時は、会場全体が興奮しており、非常に
良い活動に我々も参加できたという安心と喜びを感じました。
長時間のイベントであるという事を除けば・・・。

ダウンタウンマニラRCのチャン会長はじめベンさんや色々な
ロータリアンたちにお世話になり非常に暖かく迎えていただき
感謝しています。

このような国を越えての事業により海外の方々との親睦を深める事ができるというのは、私にとっても非常に貴重な経験をさせていただきました。
今後も何か携われる事があれば、微力ながら協力できればと感じました。

最後に今回の式典で大勢の方々を前に八尾東RC代表として英語で挨拶をするつもりで原稿を用意していましたが、残念ながら披露する機会をいただけませんでした。
次回からは、イベントのどこかで挨拶の機会を与えていただけるよう
願いを込めて、私のメッセージを次週の週報に掲載させて
いただきます。

会長 中澤 剛






親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

平成28年12月16日年次総会後、9月2日にご入会されました
辻盛英一会員の新入会員歓迎会を例会会場で行いました。
当日、19名の参加を頂き誠に有難うございました。

はじめに中澤会長より歓迎のご挨拶を頂いた後、
辻盛会員より本日の御礼の御挨拶がありました。
その後、今、カンボジアで行っているボランティア活動の話、12月11日のホノルルマラソンに参加され、完走(7時間)した話を
頂きました。

また、昨年入会されました安田会員より半年ぐらいで退会するつもりが1年たってしまったとユニークなお話と乾杯をして頂きました。
乾杯後約2時間楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
最後に高橋幹事の中締めを以て無事終了いたしました。

会員各位には下期も歓迎会が行えるよう1名以上の新入会員を
迎えられますよう増強を図っていただきたく宜しくお願い致します。

親睦活動委員長 長尾 穣治

2015-2016年度
■社会奉仕委員会「アールブリュット展覧会」(2016/6/23〜26)
■親睦活動委員会「クラブ親睦旅行報告」(2016/3/25〜26)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」(2016/1/29)
■国際奉仕委員会「フィリピン訪問報告」(2016/1/19〜23)
■親睦活動委員会「四輪会」(2015/10/29)
■国際奉仕活動委員会「サンパブロ市南RCとの会合報告」(2015/10/21)






社会奉仕委員会 「アールブリュット展覧会報告」

八尾市内の障がい者などが協力し、障がい者による美術作品の
展覧会を6月23日から26日まで、八尾市プリズムホール 3階 
展示室で開催しました。

教育や概念などに左右されず自由に作られた個性豊かな作品の
展示会として、福祉センター、八尾市内福祉施設との協同で
この芸術の振興を図り、地域に輝く作品として障がい者による
美術品の展覧が地域に大きな反響を呼び、来場者か
ら展示品を見て、感動と驚きを与えてくれましたと多くの感想を
いただきました。

社会奉仕委員長 森下 慶治






親睦活動委員会 「クラブ親睦旅行報告」

3/25の例会終了後、一泊二日の親睦旅行を実施しました。
14:00に出発し17:30に三重県鳥羽にある相差パシフィックホテルに到着。
温泉に入り18:30より宴会スタートとなりました。
途中、カラオケも入り楽しいひと時をすごせました。
翌日は朝食後に伊勢神宮の内宮から外宮をまわり、昼食ののち八尾に17:30に戻ることができました。
桜の開花が叶いませんでしたが、好天に恵まれ皆様のご協力のおかげで無事に終了いたしました。
本当にありがとうございました。
親睦活動委員長 武田 大輔






親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

1/29(金)に移動例会&新入会員歓迎会が、がんこ平野郷にて行われました。

例会を済ませた後、まず石川会員の乾杯から始まり歓迎会に移りました。
予想以上にお酒もすすみ、少し予算オーバーしましたが新入会員の安田さん、浦本さんお二人のお話も伺うことができ和やかな時間を過ごすことができました。

あいにくの雨の中みなさまの参加、ご協力のおかげで親睦を図ることができ、本当に良い歓迎会となりました。

ありがとうございました。

親睦活動委員長 武田 大輔












国際奉仕委員会 「フィリピン訪問報告」

この度、私と鈴木会員、山田会員の3名で1/19(火)〜1/23(土)でフィリピンを訪問してきました。
日本を出発する際は、非常に寒かったんですが、フィリピンは熱帯性気候のため到着した日は32℃、滞在している期間も天候にも恵まれ33℃前後と暑かったです。
暑いといっても、この時期は乾季のためカラッとした暑さで日陰に行くと涼しいです。
到着したマニラ空港では、サンパブロ市南RCのランボーさん、サニーさん、ラウルさん、ダウンタウンマニラRCのベンさん、チャンさんが出迎えてくれました。

初日(1/19)は、マニラ空港からサンパブロ市へ車で移動。
まず驚いたのは車の多さ(日本車が殆どでトヨタの車に乗っている人が多い)、それと信号の少なさ(交差点も信号がないところが多い)、強引な車線変更、これらの影響により大渋滞は当たり前で到着時間が読めない。
サンパブロ市へ向かう途中、タガイタイという避暑地(マニラから南へ車で2時間)を観光。
山頂には遊園地、そのふもとにはタール湖が広がり、湖に浮かぶタール火山が眺められる。
夜は、サンパブロ市南RCの皆さんと食事。

2日目(1/20)は、サンパブロ市内の小学校を訪問。
生徒数は約200名。
生徒達が手に日本国旗、フィリピン国旗を持っての歓迎。
生徒代表者の歌並びにダンスの披露。
バックパックを生徒1人1人に贈呈。
生徒、先生、RCの皆で記念撮影。
贈呈式終了後、サンパブロ市南RCの例会に参加。
会員数50名でうち参加者が40名程度。
若手、ベテラン会員の仲が良く、笑いもあって非常に楽しい例会でした。

3日目(1/21)は、車でマニラへ移動。途中、マウント マラライヤゴルフCCを見学。サンパブロ市RCの方もメンバー。コースは一面深緑で整備も行き届いている。ホテルの宿泊施設も併設している。
マニラ湾を見学。
夜は、ダウンタウンマニラRC数名と食事。

4日目(1/22)は、ケソン市内の小学校へのバックパック贈呈式に参加。
先生方、生徒から温かい歓迎を受けました。
生徒数:約2000人。
7年制で1学年10クラス。先生は61名。
全校生徒が多い為、授業は前半(朝6時〜昼まで)と後半(昼から夕方まで)の交代制。
贈呈式では低学年の生徒約250名にバックパックを1人1人手渡しで贈呈。

※ 当初ダウンタウンマニラRCの例会に出席する予定でしたが、会長が地区協議会に出席の為、例会がありませんでした。

5日目(1/23)、日本へ帰国。日本は非常に寒く雪が降っていた。

最後に、今回フィリピンの訪問を通して、サンパブロ市南RC、ダウンタウンマニラRCの皆さんと親睦を深めることできました。
自分自身貴重な経験をしましたし、また、フィリピンはまだまだ貧しい人が多く、必要な文房具も買えない人が多い。
今回、その人たちの為に役に立てたことが非常にうれしく思いました。
ありがとうございました。

国際奉仕委員長 岡 正和



親睦活動委員会 「四輪会報告」

10/29(木)第87回四輪会ゴルフコンペが春日台カントリークラブ(奥田会員紹介)にて当クラブホストで開催されました。
八尾RC 13名、大阪柏原RC 6名、八尾中央RC 2名、八尾東RC 10名の合計31名の参加者があり晴天のもと親睦を深めることができました。当クラブより参加いただきました会員10名の皆様本当にご協力ありがとうございました。
親睦活動委員長 武田 大輔






国際奉仕委員会 「サンパブロ市南RCとの会合報告」

10/21(水)の夜にダウンタウンマニラRCの姉妹クラブでありますサンパブロ市南RCのメンバー7名と八尾東RCからは私と高橋会員・桑田会員・山田会員・鈴木会員・鈴木会員のご友人・事務局山本さんの計7名で食事会をしながらの親睦、そして今年度の共同奉仕プロジェクトの内容について話をしました。プロジェクトの概要は以下になります。

● ダウンタウンマニラRC・サンパブロ市南RC・八尾東RCの3クラブの共同奉仕プロジェクト
【奉仕プロジェクト内容】
・サンパブロ市南RCが支援している小学校にバックパック(バッグに必要文房具を入れて)を贈呈。

※ 2016年1月中旬〜下旬頃にダウンタウンマニラRC・サンパブロ市南RCを訪問。そしてバッグパックの贈呈式にも参加します。
※ 当クラブからの資金20万円は、贈呈式に参加する際に持参するということになりました。

親睦を深められた有意義な食事会でした。
また、鈴木会員、鈴木会員のご友人に関しましては、お忙しい中、京都・大阪観光に同行していただきましてありがとうございました。

国際奉仕委員長 岡 正和


2014-2015年度
■社会奉仕委員会「アールブリュット展覧会」(2015/6/26〜27)
■親睦活動委員会「長野 駒ヶ根 親睦旅行」(2015/4/24〜25)
■国際奉仕委員会「ダウンタウンマニラRCとの共同事業」(2015/4/11)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」(2014/12/19)
■親睦活動委員会&社会奉仕委員会「近江八幡訪問」(2014/11/29)






社会奉仕委員会 「アールブリュット展覧会」

6/26(金)・6/27(土)に八尾プリズムホールにて
『ありのまま・あるがまま』アール・ブリュット展覧会を無事に
迎えることができました。

昨年11月末に滋賀県近江八幡にあります『ボーダレスミュージアム
NO-MA』のアール・ブリュット展を八尾福祉施設の方と見学し、
障害者の方が描いた絵画や陶芸とは思えないほど素晴らしい
作品があり、皆が感動しました。

八尾にもアール・ブリュットを広めようという思いで八尾福祉施設の
方が中心になり、今年の2月に『八尾にアール・ブリュットを
広める会』を発足、またアートディレクターの井上様を迎え、
展覧会までの準備やスケジュールなどのアドバイスを頂きました。

私自身も展覧会までの定例会に参加させて頂き、
皆がこの展覧会にかける情熱を感じ取ることができました。

展覧会では、作者の思いがこもった絵画や陶芸、数百点を展示。NO-MAに展示していた作品とひけを取らない素晴らしい作品
ばかりでした。

来場者数は2日間で約600名程度でした。

今回の社会奉仕事業に対し八尾東RC会員の皆様、ご理解、
ご協力頂きまして本当にありがとうございました。

また、次年度も継続事業になりますので宜しくお願い致します。

社会奉仕委員長 岡 正和






親睦活動委員会 「長野 駒ヶ根 親睦旅行」

ご参加頂きました会員の皆様、2日間お疲れ様でした。

皆様のご協力があり、委員長としては天候だけが
一番心配でしたが、当日は快晴で空気もおいしく、
そして全員無事帰阪できたこと本当に良かったと思います。

今回残念ながらご参加頂けなかった会員の皆様、
是非来年はご一緒致しましょう。

次期親睦委員長、来年も良い企画宜しくお願い致します。

親睦活動委員長 堀内 伸也








国際奉仕委員会 「ダウンタウンマニラRCとの共同事業」

ダウンタウンマニラRC
34th Annual Tribute to Valedictorians
(第34回卒業生総代表彰式)に参加して


4月11日、八尾東RCとしては4回目となるフィリピン・マニラの
高校卒業生総代への表彰式に参加してきました。

この式典は、ダウンタウンマニラRCが34年間の長きにわたり
続けておられる活動で、マニラ市内の各高校の卒業生総代
(フィリピンの高校卒業は日本の高校一年生終了の年と同じで、
卒業生の年齢は16〜17歳)百数十名を表彰し、そのなかから
十数名を奨学生に選抜する式典です。

なお来年からはフィリピンの学制が変更になるため2年間は開催されません。

式典は、フィリピンの国歌、日本の国歌で厳かに始まりました。
持参した日本の国歌のCDを渡してかけてもらったのですが、
「君が代」のあとに「4つのテスト」、そのあとにバースディソングが
入っていて、そのまま♪Happy birthday to you・・・・・・♪と演奏が
始まってしまいました。

会場内は、一揆に厳かなムードから和やかなムードに一変し、
スタートから笑顔の多い明るい式典となりました。

来賓で挨拶された国会議員でもあるロータリアンのAngping さんが
、偶然にも当日お誕生日だったため、「どうして私の誕生日を
知っていたの?」とユーモアたっぷりに挨拶され、会場はさらに
笑顔に包まれました。

式典では、鈴木国際奉仕委員長が流暢な英語でスピーチされた後、
二人で百数十名の卒業生総代一人ひとりに当クラブからの
プレゼントを手渡しました。

プレゼントは、文房具などが入ったブルーと黄色があざやかな
リュックサックでしたが、総代の皆さんが礼儀正しく、嬉しそうに
受け取ってくれたのが印象的でした。

贈呈式のあとは、入れ替わり次々に記念撮影があり、贈呈式同様、
一人ひとりと触れ合うことができたのがとてもよかったと思います。

明るい未来と無限の可能性を持つ若者たちから、逆にエネルギーを
もらった貴重な機会となりました。

直前会長 山田 哲男






親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

12/19(金)に谷村会員、辻田会員の歓迎会を行いました。

皆様、お忙しい中ご参加頂きありがとうございました。

お二人とも交流できましたし、会員皆様とも久しぶりに食事を
しながら交流できたかと思います。
ありがとうございました。

親睦活動委員長 堀内 伸也






親睦活動委員会&社会奉仕委員会 「近江八幡訪問」

11/29(土)、社会奉仕事業・親睦活動として滋賀県近江八幡へ
行ってきました。

NO-MA美術館では、創造豊かな作品にたくさん出合え、
施設の皆様も有意義な時間を過ごされていました。

天候にも恵まれ水郷めぐりも楽しく親睦を深める時間と
なりました。

親睦活動委員長 堀内 伸也


2013-2014年度
■親睦活動委員会「クラブ親睦旅行」(2014/4/4〜5)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」(2013/12/20)
■社会奉仕委員会「八尾の福祉を考える講演会」(2013/9/6)






親睦活動委員会 「クラブ親睦旅行」

4月4日〜5日の親睦旅行、4日の通常例会の後に出発。
この日は移動のみで6時到着。
7時宴会。
宴会では凄く賑やかにあっちではおしゃべり、こっちでは酔っ払い、
あっという間の2時間でした。

5日は桜見学、鳥取砂丘の散歩と、大変楽しく過ごせた2日間
だったのではないでしょうか。

また、機会があればこのような旅行を企画して頂ければ
参加したいと思います。

親睦活動委員長 高橋 広一




親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

12月20日(金)例会・年次総会終了後、武田 大輔氏の新入会員
歓迎会及び会員懇親会を開催しました。

親睦活動委員長 高橋 広一






社会奉仕委員会 「八尾の福祉を考える講演会」

八尾の福祉を考える講演会の開催
平成25年9月6日(金)13:30〜15:30
於:八尾プリズムホール 小ホール

講師には作家で、高野山真言宗僧侶の家田荘子さん。
「力強く生きる、人間の心を中心に」をテーマにご講演をして
いただきました。

参加者が思ったより少なかったのが残念でしたが、閉会後、
皆さんの声として良かったな! 感動した! 涙が出た! 
いろいろな感想を耳にしました。

皆さんの御協力ありがとうございました。

又お世話になった施設の皆さんにも御礼を申し述べたいと
思います。

社会奉仕委員長 大橋 秀造

2012-2013年度
■八尾東RC40周年記念式典(2013/2/23)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」(2012/12/21)
■八尾東RC40周年記念事業「石巻市の子どもを対象としたこころのケアチーム活動の支援」
                                              (2012/11/7〜8)

■社会奉仕委員会「八尾市の知的障がい者の方をUSJに招待するプロジェクト」(2012/10/24)






40周年記念式典

2月23日(土)、40周年記念式典を開催いたしました。

高島ガバナー、田中八尾市長をはじめとする来賓の皆様、
また姉妹クラブ・ダウンタウンマニラRC、石巻東RC、石巻南RC、
野球を通じて懇親のある全国各地のRCからも、たくさんの
お客様をお招きし、一柳良雄様の楽しくて勉強になる講演や
「アンサンブルミルフィーユ」様の素晴らしい演奏、
春蘭様の華やかな衣装をまとった演奏など、盛大かつ、
なごやかな式典となりました。

お客様からも、「楽しかった」等のお声をたくさんいただきました。

クラブの皆様には、準備から当日の運営まで、多大なご協力を
いただき、心から感謝申し上げます。
おかげさまで、「手作りであたたかい式典に」との当初からの
目標も達成できたのではないかと思っています。

式典は終わりましたが、40周年記念事業や今後の奉仕活動は
続きます。

石川会長の「小さくてもキラリと光るクラブを目指して」の思いを
共有し、心のこもった活動を続けていきたいと思います。

40周年記念式典委員長 山田 哲男



親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

12月21日(金)例会・年次総会終了後、上山 惣太氏、
堀内 伸也氏の新入会員歓迎会及び会員懇親会を開催しました。

今回は例会後、そのまま例会場での歓迎会となりましたので、
多くの方にご参加いただきまして、ありがとうございました。

最初に会長から歓迎の言葉、奥田会員の乾杯の音頭で
スタートし、最後は両新会員からの御挨拶で、
なごやかな内に散会いたしました。

親睦活動委員長 上田 郁生















八尾東RC40周年記念事業報告 
  「石巻市の子どもを対象としたこころのケアチーム
                       活動の支援」について

@子どものPTSD対策及び教師、看護教師への講習会
 (これから先は特に「心のケア」が大切)
A子ども達にアンケートを実施し、その内容を分析し、教師、
  教育委員会等が心のケアをする資料にする。
B小学校、仮設住宅等を訪問し、生徒、教師等から直接相談、
  悩みを聞き、アドバイスする。

1.実施場所・・・・石巻市内の幼・小・中・高校及び仮設住宅

2.実施機関・・・・国立国際医療研究センター 国府台病院児童精神科を中心とした心のケアチーム

3.経過・・・・・・2011年3月21日から「心のケア活動」を始め、
同年10月まで国の予算で活動してきた児童精神科医、精神科医、
ケースワーカー、看護師の4名が1チームとなって、5月末までに
5回、6月から10月は2人1チームで1週間交代で活動してきた。
2011年10月で国の予算が無くなり、活動出来なくなった。
そこでロータリーが支援することとなり継続することが出来た。
この間地区補助金が出る、出ないの紆余曲折があった。

4.予算・・・・・・石巻市内4クラブが主になり、下記予算を確保した。
@東日本震災復興日本委員会  1,000,000.-
ARI第2550地区           3,640,000.-
B八尾東ロータリークラブ      2,700,000.-
C石巻南ロータリークラブ         4,000.-
総計 ¥7,344,000.-

5.具体的な活動
(1)背景
平成23年3月11日に生じた東関東大震災は岩手、宮城、福島の
北陸三県を中心に多くの被害をもたらした。
独立行政法人国立国際医療研究センター国府台病院は震災
直後より宮城県の要請を受け、震災直後より宮城県石巻市内で
心のケア診療活動を行っている。
石巻市は宮城県東部に位置する人口162,822人の宮城県内
第2の都市である。市内が沿岸部に位置するため本震災での
被害も甚大であり、H23年8月時点で死者・行方不明者を合わせ、
約4000人と言われている。
小児において深刻な外傷体験が心的外傷後ストレス障害
(post-traumatic stress disorder: PTSD)を中心とした神経疾患
への発症のきっかけとなる場合も少なくない。
そして石巻市内の被災した子ども達の多くは重篤な外傷体験を
もち、精神面でのフォローアップ体制作りが急務となっている。
このような状況があるにもかかわらず、自然災害における小児の
追跡研究はほとんど行われていないのが現状である。
本研究は石巻市教育委員会と協同しながら被災児童の前向き
追跡調査を行うものである。

(2)目的
本研究の目的は石巻市内の被災児童の前向き追跡調査を行い、
被災体験をどのように克服していくのかという経過を追跡していく
ことにある。
@被災児童に対して、トラウマ、うつ状態に限定せず、情緒、行動、
過覚醒/不注意、交友問題、社会的好ましい行動について評価する。
A多角的な評価(子ども、保護者、教師)を行う。
B被災3年後には児童精神科医による半構造化面接を用いた
精神医学的評価を行う。

以上を行うことにより披災児童の精神医学的支援の必要性の
評価と支援体制の設備を進めることできると考える。

(3)調査結果
 * 要注意児童であると考えたのは、
  @PTSSCの総得点上位5%の児童662名、
  A不眠、身体愁訴、食欲低下を強く自覚している児童457名の
   合計1119名の児童である。
 * 教師が学校現場で心理的もしくは素行的に問題だと感じて
    いる児童は、674名であった。
    其の内不登校児童116名(49%が震災後に不登校になった)、
    非行問題を認めた児童68名(23%が震災後に非行問題が
    顕在化)、家庭環境に何かしらの留意するべき事項があった
    児童が312名であった。
 * 医療的な視点から要注意とした1119名と学校現場が要注意
    とした児童の674名を合わせた1355名の児童を要注意児童
    としてあげることができる。
 * 今後は得られた情報を学校に再度フィードバックすることや、
    要注意児童の特性を明らかにすることが必要。

(4)活動
アンケート調査及びリクルートした学校を訪問し、教師から聞き取り
の上、その結果をまとめた。
現在も毎月1回石巻に入り、学校をまわり、教師、生徒の相談を
受けている。

6.八尾東ロータリークラブの活動
(1)昨年(2011年11月)に現地訪問し、効果的な奉仕事業の
   打診をした。
(2)2012年3月〜7月まで予算確保の為、活動をした。
   RI補助金が少なくなり、それを第2550地区が余分に負担する
   ことに苦労した。
(3)2012年11月7日〜8日で現地訪問し、
   イ. 石巻市教育委員会での贈呈式、市立湊小学校での
      打ち合わせ後、児童精神科医が教師からの相談を
      受ける場に出席した。
   ロ. 担当クラブの石巻南ロータリークラブの例会に出席し、
      友情を深めた。
   ハ. 被災地を視察し、復興状況を調査した。

7.40周年記念式典当日の活動
石巻東ロータリークラブ 菅原 信武氏を招待し、今回の奉仕事業の
概要を話していただく。
                                     以上

創立40周年記念実行委員長 鈴木 洋




社会奉仕活動委員会 
  「八尾市の知的障がい者の方を
                   USJに招待するプロジェクト」

10月24日(水)社会奉仕として障害者の子供達をUSJへ連れて
行きました。
人数は40人、これは予想しているほど簡単ではなかったです。

各班に分かれて職員が付き、そこにロータリアンが加わりました。

私の班は桑田さんと一緒で、子供達と一緒に周りました。

昼食は普通のレストランへ行き、そこでも一苦労でした。
あっと言う間に集合時間の2時45分になりましたが、
ここでも全員が来たかどうかわからない状態でバスまで見送りに
行きました。
そこで点呼・出発・解散。

もう少し打ち合わせが必要だったかなと思いました。
 
社会奉仕委員長 高橋 広一

2011-2012年度
■親睦活動委員会「お花見例会」(2012/4/6)
■社会奉仕委員会「八尾市内の全公立小学校に横断旗の寄贈と
                                      交通安全実習の開催」(2011/10/17)

■社会奉仕委員会・職業奉仕委員会・新世代奉仕委員会
                                    「出前授業・職場体験学習」(2011/7/14)


親睦活動委員会 「お花見例会」

と き 平成24年4月6日 12時30分〜15時

場 所 KKR HOTEL大阪 2階 琴の間

参加者 会長はじめ10名(事務局含む)
      卓話者 俳句講師 倉橋みどり様
      お客様 会員夫人 お二方(池本様・森下様)
           桑田さんご令嬢・石川さんご友人

定時より例会 
 倉橋みどりさんの卓話(季語)巧みな話術で・・・第一部終了

第二部 親睦会(当初企画していた催しを諸般の事情でちょっと
      割愛しました)
桑田副会長の開会の挨拶 続いて大松幹事の会員夫人と
お客様の紹介 
ハンサムな山田次々年度会長による乾杯のご発声 と同時に
全窓のカーテン全開 
窓越しに大阪城 ツインビル、を取り巻くように五分咲きの桜 
その絶景にしばし我を忘れて眺める。

運ばれてきた料理を頂きながら歓談 

続いて会員から提出された俳句について倉橋さんの講評があり 
何人かの作品についてそれなりの評価があった。

最初に倉橋さんが黒板に書かれた杉田久女の俳句
 風に落つ 楊貴妃桜 房のまま
を森下会員が吟じられその美声に聴きほれた。

歓談のうちに予定の時間となりみんなで手をつなぎ
≪手に手つないで≫を合唱 
会長エレクトの閉会の言葉で和気あいあいの内に散会 
それぞれ帰路に
以上、簡単ですがご報告まで。
 
親睦活動委員長 奥田 長二



社会奉仕委員会
  「八尾市内の全公立小学校に横断旗の寄贈と
                      交通安全実習の開催」


○プロジェクト名
 ・「八尾市内の全公立小学校に横断旗の寄贈と
                          交通安全実習の開催」

○プロジェクトの内容
 ・八尾市内の全小学校(30校、児童数15,335名)に横断旗
  400本を寄贈する。
  寄贈するにあたり、代表校としての八尾市立美園小学校に
  おいて、贈呈式を開催すると同時に交通安全実習、
  啓発活動(寄贈する横断旗を使用した児童の登校時の安全
  見守りおよび交通安全の講話)を行う

○主催
 ・八尾東ロータリークラブ

○協力団体
 ・美園小学校PTA、八尾市、八尾市教育委員会、八尾警察署

○贈呈式・交通安全実習、啓発活動

 ・実施日   平成23年10月17日(月)

 ・実施場所  八尾市立 美園小学校 体育館

 ・対象学年  1〜6年生(児童数604名)

 ・参加者   鈴木会長、桑田会員、大橋会員、石川会員、
         大松会員、山本事務局員

 ・実施内容
  @7:40 美園小学校に集合

  A7:50〜8:20 校門付近の横断歩道(2箇所)に学校長、
              PTAの方々と横断旗を使用し、登校時の
              安全を見守るとともに挨拶活動を行う

  B8:30〜9:15 贈呈式開始 
     1.学校長挨拶(クラブの紹介も含む)
     2.鈴木会長より挨拶
     3.桑田副会長より市長に対し、目録の贈呈。
       大橋奉仕活動委員長より児童に対し、横断旗の贈呈
     4.児童代表よりお礼の言葉
     5.市長よりクラブに対し、感謝状の贈呈
     6.PTA会長よりお礼の挨拶
     7.八尾警察より映像等を使用した交通安全の講話等
       (桑田会員、石川会員、大松会員より交通安全の
        標語を読み上げる)

  C9:20 別室にて協力団体の方々との歓談の後、解散
 
幹 事 大松 桂右




社会奉仕委員会・職業奉仕委員会・新世代奉仕委員会
  「出前授業・職場体験学習」


○ 目  的: 文科省の方針である中学校での「キャリア教育」を
         職業奉仕、社会奉仕、新世代奉仕の立場から
         支援する。
○ 対 象 校: 八尾市立成法中学校 2年生・1年生
          (各学年約200名)

○ 実施時期: 1年生・3学期(詳細な日程等未定)
          2年生・出前授業(実施済)、
          職場体験学習(11月の2日間、実施日未定)

【出前授業の報告】
○ 実施日時: 平成23年7月14日(木)10:35〜12:20

○ 開催場所: 八尾市立成法中学校 体育館

○ 対象学年: 2年生(約200人)

○ 参 加 者:
 【講和担当】鈴木会員、品川会員、八木会員
 【事業ガイダンス担当】大橋会員、石川会員、森下会員、
               桑田会員、大松会員

○ 内  容: 講和については、1人20分間、それぞれの職業を
         通じた話を中心に生徒が今後、社会に出るに
         あたってのアドバイスなどを質疑応答も
         取り入れながら行った。
         また、事業ガイダンスについては、1人5分間、
         職場体験学習の受け入れ先としての事業所の説明
         などを行った。
 
幹 事 大松 桂右

2010-2011年度
■親睦活動委員会「家族忘年会」
■社会奉仕委員会「作業所で働く仲間たちの運動会」(2010/11/19)
■親睦活動委員会「新入会員歓迎会」


親睦活動委員会 「家族忘年会」

12月17日(金)シェラトン都ホテル大阪において、
移動例会・年次総会の後、家族忘年会を行いました。
会員及びご家族、ご友人、又、岡田佳世子様、楠瀬克代様、
桑寸実子様・中島紀子様、松村暎子様のご参加を頂きました。
モンシュシュ(女性ジャズ演奏者)の演奏を聴きながら食事を頂き、
楽しく盛り上がりました。
又、後半にはくじ引きをして、賞品が当たるなど楽しく過ごさせて
頂きました。
終わりにロータリーソング「手に手つないで」を合唱し散会と
なりました。
 
親睦活動委員長 長尾 穣治



社会奉仕委員会 「作業所で働く仲間たちの運動会」

11月19日(水)本年度の社会奉仕委員会の活動である障害を
持っておられる方々の運動会を八尾市総合体育館 ウイングで
開催し、皆様の協力で無事終えることが出来ました。
本年は昨年参加出来なかった施設8ヶ所220名の参加で
赤組・白組に分かれての競技で、ロータリークラブの皆様も
参加して頂き、大変盛り上がった楽しく有意義な運動会でした。
ありがとうございました。

競技の結果は赤組240点:白組360点でした。
以上、運動会の報告と致します。

社会奉仕委員長 大橋 秀造



親睦活動委員会 「新入会員歓迎会」

9月24日(金)に行われた歓迎会のご報告をさせて頂きます。
この度、信貴山郷十三屋において八木会員、氷熊会員の
新入歓迎会を行いました。
森下会長の歓迎の御挨拶を始めとし、八木会員、氷熊会員の
御礼の御挨拶がありました。
その後、池本前年度親睦委員長の乾杯の音頭で開宴、
会員皆様がお二人の歓迎と共に親睦を深められる意義ある
楽しい歓迎会と相成りました。
最後に奥田会員の2時間かかるという締めのお話(笑)が2分で
終わり散会し、和やかな会となりました。
 
親睦活動委員長 長尾 穣治

2009-2010年度
国際奉仕・WCS委員会「フィリピンの青少年に夢を」
■親睦活動委員会「家族忘年会」
■社会奉仕委員会「作業所で働く仲間たちの運動会」(2009/11/18)
■親睦活動委員会「会員懇親会」
■職業奉仕委員会「関西電力 高浜原子力発電所見学」



親睦活動委員会 「家族忘年会」

12月18日(金)シェラトン都ホテル大阪において、
移動例会・年次総会に引き続き午後6時より、
我がクラブ恒例の家族忘年会が日頃ロータリー活動に
ご協力頂いている奥様方にもご参加頂き行われました。

今年度は、木村 岳尚 上席師範はじめ
日本詩吟学院・大阪岳風会の皆さんに、
「吟詠剣詩舞の夕べ」として、
勇壮かつ華麗に吟詠や詩舞あるいは剣舞などをご披露頂き、
参加された皆さんには大変好評でした。

また、クリスマスプレゼント抽選会は大いに盛り上がり、
一層親睦を深めることができました。
最後にロータリーソング「手に手つないで」を全員で
合唱し散会しました。
 
親睦活動委員長 池本 繁喜



社会奉仕委員会 「作業所で働く仲間たちの運動会」

11月18日(水)本年度の社会奉仕委員会の活動である
障害を持っておられる方々の運動会を
八尾市総合体育館 ウイングで開催し、
皆様の協力で無事終えることが出来ました。

本年は八尾市南ブロックの施設6ヶ所190名の参加で
赤組・白組に分かれての競技で、
来賓の皆様、保護者の皆様、ロータリークラブの皆様も
参加して頂き、大変盛り上がった楽しく有意義な運動会でした。
ありがとうございました。

競技の結果は赤組240点:白組290点でした。
以上、運動会の報告と致します。
 
社会奉仕委員長 大橋 秀造



親睦活動委員会 「会員懇親会」

関西電力・高浜原子力発電所見学後、
長時間バスに揺られお疲れのところ、
懇親会に参加下された会員の皆さん、
本当にありがとうございました。

懇親会は料亭「若葉」にて行われ、
最後まで和気あいあいとした雰囲気のなかで、
親睦を深めることができました。
「奉仕は親睦から」、今回の懇親会のようなムードを
クラブの中に育んでいければと思っています。
 
親睦活動委員長 池本 繁喜



職業奉仕委員会
    「優良企業<関西電力 高浜原子力発電所>見学」


11月13日(金)関西電力手配の観光バスにて
朝9時に八尾を出発。
若狭湾国定公園内の風光明媚な料理旅館
「松月花 松風」にて昼食をとりました。

見学の高浜原発構内は入場が厳しくチェックされ、
私達は事前に名簿を提出済みでしたので、
問題なくゲートを通過。
原発3号機タービン発電棟の見学をし、発電を実感。
今後のクリーンエネルギー発電の最先端を垣間見ました。

道中、小雨に煙る山並みの紅葉が素晴らしかったです。
往復約6時間の旅、お疲れ様でした。

職業奉仕委員長 森下 慶治

 Copyright The Rotery Club of Yao-Higashi. All rights reserved.