本文へジャンプ
2021-22年度 会長方針
八尾東ロータリークラブ会長方針

RI会長 シェカール・メータ(インド)は、奉仕とリーダーシップ
の旅路において、とても大切な一歩を踏み出します。

皆さんの人生で最も素晴らしく、実りあるときとなるでしょう。
この期間を、人生で最も充実したときとすることができます。
この期間には、私たちが共有するロータリーのビジョンに導かれ
ながら、大きな夢に向かってくださるようお願いします。
皆さんは、計画を立て、目標を定め、その目標を達成するよう
ロータリアンにインスピレーションを与えてやる気を引き出します。
その目標とは、会員を増やしてロータリーの参加者基盤を広げると
いう目標、そして、世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらすと
いう目標です。

この旅路において、皆さんは、地区のロータリアン及びローター
アクトと目標を分かち合い、「もっと行動し、もっと成長する」ための
意欲を喚起(かんき)するという大きな役割を担います。
これは、私たちを導く信念です。「もっと行動し」とは、より大きく、
インパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味します。
「もっと成長する」とは、会員を増やし、参加者基盤を広げることを
意味します。

このような奉仕プロジェクトで大切な役割を担われ、人々の人生を
より豊かにしてきたでしょう。
奉仕のニーズがあるからこそ、皆さんは奉仕してこられたのです。
今日、奉仕のニーズはさらに高まり、明白になっています。
ですから、変革者であるガバナーの皆さん、来るロータリー年度には、
人々のために奉仕し、その人生をより豊かにするために援助して
いただけるよう、切にお願いいたします。

この理由から、2021−22年度の私たちのテーマは「奉仕しよう
みんなの人生を豊かにするために」といたします。
奉仕するとき、誰かの人生だけでなく、自分の人生も豊かになります。

インドの偉大な思想家の一人であるヴィヴェーカーナンダは、
こう言いました。「誰かを助けるとき、その人に恩を施していると」
考えないでください。
実際には、その人たちがあなたに恩を施しているのです。
私たちが世界から授かった恩恵への恩返しをする機会を与えてくれて
いるのです。」
ヴィヴェーカーナンダはさらに、次のような見事な言葉を加えました。
「人生では、与える者、奉仕する者になりなさい。
ただし、与えるときも奉仕するときも謙虚になり、ひざまずいて
{与えさせていただけますか}「奉仕させていただけますか」と
お願いする気持ちになりなさい」

八尾東RCとしましても、同じく奉仕をしっかりやっていきたいと
思います。
そこでまず、前年度の国際奉仕は台風被害の為の義援金を
送金致しましたが、今年こそは何か良いプロジェクトを試案し、
ダウンタウンマニラRCと合同で実現し、現地で行いたいと思って
いますので、担当の
脇山国際奉仕委員長はダウンタウンマニラRCと密に連絡を
取り合って、プロジェクトを考えてください。

社会奉仕では、まず障がい者をUSJに招待するプロジェクトはなくなり
ましたので、ここでも何か考えなければなりません。
例えば、障がい者に限らず、何か八尾市に貢献できるものはないのか、
と思います。

会員増強に関しては、増強というよりもこれ以上減らさないように
頑張って行きたいと思います。

親睦活動は、もう一年半ほど何も活動していないので、
もっとコミュニケーションをとれる場を持ちたいなと思います。

全てはコロナがばどれだけ収束しているのかとどれだけワクチンが
打てているのかの問題です。
出来る限りのことはやって行きたいと思いますので、会員が力を
合わせて頑張って行きましょう。



 2021-2022年
  会長 
高橋 広一

 Copyright The Rotery Club of Yao-Higashi. All rights reserved.