本文へジャンプ
クラブ沿革 41年度〜50年度 (2013-23)
   発足〜10年度 (1973-83)11年度〜20年度 (1983-93)
21年度〜30年度 (1993-03)、  31年度〜40年度 (2003-13)
41年度〜50年度 (2013-23)


41年度(2013-14)42年度(2014-15)
43度年(2015-16)44年度(2016-17)
45年度(2017-18)46年度(2018109)
47年度(2019-20)48度年(2010-11)
49年度(2021-22)50年度(2022-23)

 【41年度】 2013-14
会   長  山田 哲男
活動方針 1. 皆で少しずつ力を出し合ってクラブを運営しましょう。
  *できる範囲では何もできません、皆さん少しずつ無理をお願いします。
2. ニコニコを全員参加で盛り上げましょう。
  *今まで参加が少なかった方は金額に関わらず参加を。
3. 親睦行事への積極的に参加しましょう。
  *職業奉仕と親睦はロータリーの原点です。
4.会員維持増強のために身の回りのロータリー活動の改善に務めましょう。
  *遠回りに思えてもそれが抜本対策への近道です。
5. 同好会活動を活性化しましょう。
  *新しい同好会の立ち上げてみんなで盛り上げましょう。
社会奉仕活動 ・家田荘子様による八尾の福祉を考える講演会の開催
国際奉仕活動 ・フィリピン台風被害へ義援金を送付
   

 【42年度】 2014-15
 会   長  品川 芳洋
活動方針 クラブが培った実績を尊重する一方、進取の精神をもって新しいことにチャレンジし、
クラブ活動のより一層の発展を目指します。大枠は次の通りです。

1. 基本に則った組織運営を実施していきます。
2. 活動計画とその資金を一元的に管理して有効な活動を目指します。
  マネジメントシステムPDCAを新規導入し、2カ月毎に検証して計画を進めます。
3. 地区委員会への参加を研修委員会には鈴木会員が、地区研究グループ
  交換委員に品川が携わります。
4. 年案スケジュールについて主だったものとして秋の紅葉狩り、春の観桜等の
  親睦イベント、野球部全国大会、11月第4組IM、12月地区大会、6月国際大会
  などがあります。
社会奉仕活動 ・アールブリュット展覧会の開催
 国際奉仕活動 ・ダウンタウンマニラRCとの共同事業としてメトロマニラの卒業生総代へプレゼントす  るバックの支援 
   

 【43年度】 2015-16
 会   長  上田 郁生
活動方針 ・「内なる人づくり」
 ベテラン会員の指導を仰ぎ、品位あるロータリアンの育成につとめる。
・「継続は力なり」
 続けることにより効果があり、意義ある奉仕活動を行う。
・「一致団結」
 クラブ内親睦をより一層深め、ベテランと若手が団結し、
 よりよいロータリー活動を実施する。
社会奉仕活動 ・アールブリュット展覧会の開催
国際奉仕活動 ・ダウンタウンマニラRC、サンパブロ市南RCとの共同事業として、恵まれない小学生  へのバックパックの支援
   

 【44年度】 2016-17
 会   長  中澤 剛
活動方針 「良き出会いを大切に!」
・全員参加による年間活動
・選択と集中
・ベテランと若手の融合。
社会奉仕活動 ・アールブリュット展覧会への支援
国際奉仕活動  ・ダウンタウンマニラRCとの共同事業として、Rac Journプロジェクト
〜ジャーナリズム執筆コンペ〜の支援
   

 【45年度】 2017-18
 会   長 大松 桂右
活動方針 ・変革と創造
・公共イメージ向上(一般へのRC認知度の向上)
・全員参加
社会奉仕活動 ・カローリング大会の実施
・高校生が中心となって行っている事業への支援
・地域の子どもの居場所づくりの事業への支援
国際奉仕活動 ・ダウンタウンマニラRCとの共同事業としてメトロマニラの卒業生総代へプレゼントす  るバックの支援 
   

 【46年度】 2018-19 
 会   長 品川 芳洋
活動方針 ・クラブCI見直しによるクラブの新生をはかる
・親の愛に恵まれない子供たちへ愛の手を
・IT環境づくり元年-ロータリーの活動をよりよく知ろう
社会奉仕活動 ・アールブルットを広める会が開催したAjiさんの作品展、トークライブを支援
・八尾市こども未来部子育て支援課に電動アシスト自転車1台寄贈
国際奉仕活動 ・カンボジアの孤児院へピックアップカー1台を寄贈
・ダウンタウンマニラRCとの共同事業としてメトロマニラの卒業生総代へプレゼントす  るバックの支援 
特別行事  ・RI第2660地区 第4組IMロータリーデーのホストを務めた。
   

 【47年度】 2019-20
 会   長  長尾 穣治
活動方針 ・障がい者に対しての奉仕
・会員増強
社会奉仕活動 ・藤井 奈緒氏による障がい者の家族向け講演会「知ってほしい 親なきあとのこと」の開催
・アールブルット展覧会に協賛金
・八尾市健康まちづくり部へ電動アシスト自転車2台寄贈
・RI第2660地区新型コロナウィルス拡大防止プロジェクト「友愛」に協力
・恩地城址へソメイヨシノを植樹
  国際奉仕活動 ・ダウンタウンマニラRCとの共同奉仕事業として、フィリピン少数民族のアエタ族へ
物資援助
   

 【48年度】 2020-21
 会   長  石川 義一
活動方針 1)会員増強-現会員を維持し、さらにクラブにふさわしい新会員を1〜2名募る。
2)クラブの改革-ロータリークラブは変わらなくてはならないと思います。
          若い世代にロータリークラブの扉を開いていく。
3)奉仕事業への全員参加-奉仕プロジェクトを予定していますので、全員参加の
                 機会をつくる。会員に積極的な関わりを促す。
4)リーダーの育成-クラブの将来を託せるリーダーを育成していく。
5)RIのテーマ、地区ビジョンの目標-参考にし、考慮して、我がクラブを一歩ずつ前進                      させる。
6)前年度の制度、習慣-長尾年度の継承。
7)MY ROTARYの登録-100%目標にする。
8)国際大会、地区大会、IMRD、他クラブへのメイクアップ
             -積極的な参加を。見聞により参加した意義が取得できます。
社会奉仕活動 ・障がい者施設の方々をUSJに招待
国際奉仕活動 ・ダウンタウンマニラRCとの共同事業(未定) 
   

 【49年度】 2011-12
 会   長  高橋 広一
活動方針
社会奉仕活動
国際奉仕活動
   

 【40年度】 2022-23
 会   長
活動方針
社会奉仕活動
国際奉仕活動
   

 

newpage1.htmlへのリンク

 Copyright The Rotery Club of Yao-Higashi. All rights reserved.